越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェリー

原題 「gerry」(2002年アメリカ)
主演:マット・デイモン





かなり意味不明な話。
とりあえず2人の若者が、ハイウェイ沿いの半砂漠みたいな山をハイキング中に道に迷い、脱出を試みるが、ハイウェイへ帰る道が見つからず、徐々に絶望に蝕まれていくというような話。


ガス・ヴァン・サント監督作品。

この人の監督した映画というと「グッド・ウィル・ハンティング」とか「小説家を見つけたら」「エレファント」なんかは去年観たところなんだけど、この映画は「グッド~」のような正統派の映画というより、「エレファント」のような実験的な手法で撮られた映画だ。


1カット無言で8分の長回しや雲が流れる空の映像、登場人物2人の会話、静かなピアノ音楽など、かなり特殊。
というか、「エレファント」で用いられた手法にかなり近く、時期的なものを考えても「エレファント」のプロトタイプのようなものという印象。


ストーリーはともかく、岩場や塩湖でのシーン、雲のうねりといったビジュアル的な美しさは幻想的で、2人が異世界をさまよっているような感覚にさえ陥る。



評点 2.5点 。


「エレファント」と比べ、こうした映像手法がまだ実験的な域を出ていないように感じる。

なのでこの映画自体魅力的かと言うと正直「?」という感じだ。


あと、2人が迷ったことに気付くシーンの、おそらくデジタル処理による画面の揺れは、非常に目に悪いというか気持ち悪くなった。。。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/01(水) 03:00:00|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シンドラーのリスト

原題 「Schindler's List」(1993年アメリカ)
主演:リーアム・ニーソン




第二次大戦時のポーランドで、1200人ものユダヤ人を虐殺から救った実在のドイツ人実業家について描いた映画。


実在の人物を題材にしていて、史実に基づいた話だということなのだが、どうも大分史実とズレているところがあるらしく、スピルバーグ監督批判と相まって結構批判もされているようだ。。


でも俺はこれが100%真実ではないと分かった上でも、十分観る価値のある映画ではあったかなと思う。


例えば坂本龍馬のドラマを作ったときに、龍馬が海を見つめて「日本の夜明けぜよ!」な~んて言うフィクシャスなシーンがあったとしても、多分特に目くじら立てることはないだろう。
脚色や多少の創作があったとしても、映画を通して作り手側が伝えたいメッセージを観客に伝えるための手法としてある程度は許容されるのかな、と思う。
映画は報道やドキュメンタリーとは違うから。


まぁ、実際どこがどれくらい史実と乖離してるのかってのは俺は知らないんでそれ以上は何とも言えないけど。



と、まぁ前置きが長くなったけど感想を。


この映画を観て考えさせられることは、戦争や民族差別政策といったようなものに正当化されることで、人間としての正常な判断のたががいかに簡単にはずされてしまうかということ。
これはこの映画だけを観て思うことではないと思うけど。。


普段自分が内心疎んでいる集団がいたとして、権力によってそれらは家畜以下の存在だとお墨付きが出ることで、
また仮に何も疎むべくこともなかった人々に対してでも、自分が従う絶対的権威に殺すべき存在だと命ぜられることで、
彼らも自分と同じ命なのだと認識することをやめてしまう。

そんな危うさが人間にはあるんだということに気付かされる。


この映画でのユダヤ人の殺され方のあっけなさ・・・というか人が殺されるシーンでの温度変化の無さにそういった怖さを感じた。



あとオスカー・シンドラーという登場人物について。


彼自身完全に善人だったわけではなかったというのが意外で印象に残った。


効率を第一に考え金を儲けを目指す野心家だったし、そのためには賄賂も使った。
献身的に正義に尽くすいわゆる聖人というわけではなく、むしろ奔放で野心的な一経営者が差別や虐殺という歪んだ現実を傍観することを勇気を持ってやめた人物という感じだろう。


シンドラーは、そもそも物語の冒頭からユダヤ人に対する偏見を特段持たない人物として描かれているが、経営効率を第一に考えていたゆえに、人種差別や虐殺といったものに取り込まれることがなかったんじゃないかというふうにも想像する。


というわけで、いわゆる聖人的人物ではない彼は、体制と真っ向から対決するヒーローになるわけではなく、巧みな世渡りで人生を楽しむ一方で、人種差別で虐待に走るドイツ軍の思想に染まることなく、最後の最後で自分のなしうる限りでユダヤ人を虐殺から救ったという感じに描かれている。


そういう立ち位置っていうのは、偉人とされる人物としてはもしかしたら卑怯にも思えるかもしれないが、最後に傍観者であることをやめ、そこから踏み出して力を尽くすということは、やはり自らを危険にさらす勇敢な行為だと思う。


最後、シンドラーが「自分はもっと力を尽くせば・・・」と泣き崩れるシーンでは、やはりグッと来るものがあった。

それは映画のシーンとしての感動だけではなく、同時に常に傍観者である自分達に突きつけられている言葉でもあるからこそ胸が痛むのだろう。



と、まぁこれだけ色々と考える機会になったというだけでも十分観る価値があったんじゃないかと思う。



評点 4.5点 。


全編白黒になっている理由はイマイチわからないが、白黒で3時間という映画でありながら一気に観させるというのは、やはり映画として力がある作品だからこそだろう。


助演二人の演技もよかった。


実際の生還者と役者がシンドラーの墓に参列するエンディングは、実際にホロコーストを生き延びた人々の人生の重さを思わされるシーンではあったが、なんかNHKのドキュメンタリーを見るようで、映画のエンディングとしては違和感が残った。



なんか映画の感想とはやや離れた感じになっちゃったかなw
  1. 2006/01/31(火) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サウンド オブ サイレンス

原題 「Don't Say A Word」(2001年アメリカ)
主演:マイケル・ダグラス




日曜洋画劇場にて。

有能な精神科医コンラッド。彼の娘がある朝何者かに誘拐された。
犯人は娘と引き換えに、精神病院に入院している少女から6桁の数字を聞き出すように要求される。タイムリミットは夕方の5時。犯人の監視の中、彼は時間内に少女の記憶を呼び覚まし、娘を救うことができるのか・・・という話。


悪役はショーン・ビーン。
・・・またかw

あと犯人の一味にいたザコ役に「24」のシャペル役のポール・シュルツ。
主人公の友人の医師役の太っちょのおっさんはどっかでみたことあると思ったら「三銃士」のポルトス役のオリヴァー・プラット。


ストーリー的にはこんなもんかという感じ。
CMが入ったせいなのかタイムリミットが迫ってるという緊張感にやや欠けていた気がした。

心を閉ざした少女の記憶を探っていく過程も最初は大変な難関のように言われたわりにはいやにアッサリいっちゃった感じだし。。

ちょっと拍子抜け。


第一なんで墓に名前付いてないの?家庭があったんでしょ??

犯人にしたって宝石が人形の中に仕込まれてることを突き止めて、その上人形が墓の中に隠してあるってことまでも突き止められたんだったら、あんな大掛かりでめんどくさいことしないで墓場の記録でもなんでも洗いなおして探せばよかったのに。。おかしいでしょ。


こんなもんかなという印象。
予告は結構面白そうだったんだが・・・その分拍子抜けでしたな。。



評点 3.0点 。


でもショーン・ビーンの死にっぷりはナイスでしたね。
  1. 2005/12/04(日) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猿の惑星

原題 「Planet of the Apes」(1968年アメリカ)
主演:チャールトン・ヘストン




午後のロードショーにて。

開始15分後くらいから観始める。


これで観たのは3回目くらいかなぁ。

やはり面白かった。

人間が猿に支配されているという設定、宗教裁判みたいな裁判シーンなど皮肉たっぷりな映画になっている。

映画史に残る有名なラストシーンはやはり衝撃的。

俺的には2作目のラストにすごい衝撃を受けた記憶アリ。


それにしても猿の文明って明らかにバランス悪くて不自然だよねぇ・・・w



評点 4.5点 。


主演はチャールトン・ヘストン。後の全米ライフル協会の会長。

音楽はジェリー・ゴールドスミス。映画音楽界の巨匠。
  1. 2005/11/28(月) 21:00:41|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スパイダー

原題 「Along Came A Spider」(2001年アメリカ)
主演:モーガン・フリーマン




日曜洋画劇場にて。


1997年の「コレクター」と同じ原作のシリーズで、主人公のプロファイラーも
「コレクター」と同じくモーガン・フリーマン。


話としては上院議員の娘が誘拐されてそれに主人公が残された手がかりから真相に迫るというような話で、「コレクター」同様、クライマックスで意外な黒幕が・・・というプロットになっている。

だが展開もなんとなく察しがつくし、ソンジが少女を誘拐するタイミングをなんであの2人が知り得て、利用しようと思い立ったのかなどイマイチ分からない部分もあり、サスペンスとして面白いかと言われると正直微妙だったと思う。

また「コレクター」と違い、異常犯罪者による犯罪ものではないので、その点でも不気味さとスリルに欠ける印象があった。。


「コレクター」がすごい面白かったとは思わないけど、こちらはそれと比較して落ちるという感想。



評点 2.5点 。


ま、テレビだし。それなりなつもりで観たからこんなもんかな。
  1. 2005/11/20(日) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

ーえ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。