越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミミック

原題 「MIMIC」(1997年アメリカ)
主演:ミラ・ソルヴィーノ




木曜洋画劇場にて。


病気を運ぶゴキブリを一掃するため、天敵としてDNA操作で作られた新種の昆虫。それは6ヶ月程度で死滅するはずだったが密かに生き残り繁殖、急速な進化を遂げて廃線となった地下鉄に人間を引きずり込んで襲うまでになった・・・。
その昆虫を作り出した学者夫妻とその他何人がはなんだかんだで地下鉄の廃駅に閉じ込められて巨大化した昆虫に襲われる。果たして逃げられるのか・・・!?
という話。


昆虫学者の旦那に「カンパニーマン」のジェレミー・ノーザム。正直どうでもいい感じの役でF・マーリー・エイブラム。


こんなもんか・・・っていうのが感想。テレビだとしても面白くはなかったかな。


評点 2.5点 。


「人間に擬態している!」っていうのは不気味ではあるけど・・・意味あるのかァそれ??
スポンサーサイト
  1. 2006/02/16(木) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

みんなのいえ

「みんなのいえ」(2001年日本)
主演:唐沢寿明




フジテレビの特番にて。

郊外にマイホームを建てることになった若い夫婦。
アメリカ式建築の新進的な設計にこだわるデザイナーと昔ながらの和風建築にこだわる職人気質の大工の棟梁との衝突を中心にマイホーム建築を巡るゴタゴタを描いたコメディ。


三谷幸喜脚本・監督。


三谷幸喜らしい笑いも楽しいが、衝突を繰り返すデザイナーと棟梁が小さなことをきっかけにお互いを認めあっていく展開にほっとさせられる。


なんかカットされてるシーンが多かったような気もするけど・・・

結構面白かった~。



評点 4.0点 。


邦衛がいい味出してるね。

ココリコの田中もピッタリな役。


「みんなのいえ」ってのがピッタリな映画。
  1. 2006/02/03(金) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスク オブ ゾロ

原題 「The Mask of Zorro」(1998年アメリカ)
主演:アントニオ・バンデラス




木曜洋画劇場にて。


スペインから独立した直後のメキシコを舞台に、弱き民衆を助ける仮面のヒーロー、ゾロの活躍を描いたアクション。


初代ゾロ役にアンソニー・ホプキンス、その後継者となる2代目ゾロ役にアントニオ・バンデラス。

吹き替えだけど、津嘉山正種と大塚明夫の男前ボイスが最高だったw


アクションも退屈さをまるで感じさせないが、2人の演じるゾロというキャラクター自体がカッコいい。



評点 4.0点 。


テレビで観てこれだけ楽しめれば十分。
  1. 2006/01/26(木) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムーラン ルージュ

原題 「Moulin Rouge!」(2001年アメリカ)
主演:ニコール・キッドマン




19世紀末のナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」を舞台に若い作家と高級娼婦との悲恋を描いたミュージカル。


最近観た映画では一番面白かった。


まず音楽。

Elton JohnやMadonna、Sting、David Bowie、U2、Nirvana・・・など、珠玉のポップスを映画の世界観の中で見事に使われている。

俺くらいの世代になじみ深い楽曲が巧みにアレンジされて使われるので、音楽だけでも自然に気分が盛り上がってくる。

それで歌ってる主役の2人の歌が微妙だと「あーぁ・・・」ってなってしまうとこだけど、ユアン・マクレガーもニコール・キッドマンも歌がうまい!お見事!
特にユアン・マクレガーは素晴らしかった。
前半の「Your Song」は最高。

他にもムーラン・ルージュに初めて潜り込む時のミュージカルシーンなど非常にエキサイティングでよかった。


衣装デザインも実にいい。

派手な原色系のドレスとメイクで乱舞する踊り子たちに、サティーンの豪華絢爛たる舞台衣装、斬新で風変わりな服装が映画を華やかに彩り、締めるところはシックな衣装でしっとりと締めている。


舞台セットも見事。

映像的にも遊び心があってイイ。



評点 5.0点 。


バズ・ラーマン監督はディカプリオの「ロミオとジュリエット」の現代版を監督した人。

古典的な物語を現代的な世界観にミックスするセンスを持った人なんだろうな~。


最後のスタッフロール見て気付いたんだけど、なんか妖精の声役でオジーが出てるらしい・・・
確認すべくその部分をもう一度観たんだけど・・・女の声のような気がするなぁ。。最後シャウトした瞬間それっぽい声に聞こえたけど・・・

まさかそこだけ??だったら・・・

                   ・・・わかるかい!w
  1. 2006/01/17(火) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メメント

原題 「MEMENTO」(2000年アメリカ)
主演:ガイ・ピアース




妻を強盗に殺されて以来、短期記憶が10分程度しか持たなくなってしまった男。
彼は妻と自分の記憶能力を奪った犯人に復讐心を燃やす。
昔の出来事は思い出せるが、つい数分前に起こった出来事は完全に忘れてしまう彼に残されるのは、数分前に自分が残した犯人の手がかりのメモ。


映画はいきなり彼が犯人を殺すシーンから始まる。

血まみれの現場で逆再生される映像から、この逆行するサスペンスの世界に引き込まれる。


「奴が犯人だ 殺せ」のメモ、友人だと名乗り自分に干渉してくる男、謎の女・・・

時間とイベントが逆行する構成によって生まれる疑惑とサスペンス。

ひとつの疑問が時間を遡るにつれて明らかになると、また新たな謎が存在していたことに気付かされるという、不思議な感覚にとらわれるスリリングで面白い映画だった。

ちょっと頭が混乱して気持ち悪くなりそうだけどw



評点 4.5点 。


こないだ観た「マシニスト」はこれの親戚筋にあたる映画だな。
  1. 2005/12/21(水) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ーえ

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。