越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コラテラル

原題 「COLLATERAL」(2004年アメリカ)
主演:トム・クルーズ



夜のLAを舞台に殺し屋の仕事に巻き込まれてしまうタクシー運転手・・・という設定の映画。


映像と音楽的には文句なしにかっこいい映画だった。

音楽はロックやジャズなんかをうまく使ってたと思うし、映画のTVスポットでも使われてたAUDIOSLAVEの「Shadow on the Sun」は特にかっこよかった。

映像的には、夜のLAで光るライトがとてもシャープでよかったし、全編通して最高のミュージックビデオを観ているようなクオリティの高さだった。


ただストーリーは大分安直な感じではある。

ってゆーかトム・クルーズの役どころがメチャクチャ。
プロの殺し屋なのにやたらに殺しすぎ&目立ちすぎだし。あれじゃ殺し屋というよりは単なるキレた人じゃないか。
あんな大立ち回りを毎回やらかしてたら絶対商売成り立たないだろ!って突っ込みたくなる。。
検事局に正面突破ってのも・・・監視カメラとかセキュリティとかどーしたんだ・・・?


・・・とまぁ突っかかることもできるけど(むしろツッコミどころ満載か・・・w)、映像と音楽の効果も相まって全体的な雰囲気は悪くない。


俺的なハイライトはコヨーテの前でジェイミー・フォックスが車を停めたシーンかな。
トムの目とジェイミーの後ろ姿が印象的だった。
二人の男の意志のぶつかり合いを描いた映画だということを象徴する一場面で、非常にクールだった。


ラストの撃ち合いはどういうことだったのかな。単に暗くなったから適当に撃つしかなかったということなのか、微妙に迷いが出ていたということなのか・・・
どちらとも取れる感じではあったな。。


評点 4.0点 。


映像と音楽は満点。
ストーリーを気にすると3.5点だけど、単にかっこよさに重点をおいたら4.5点。



ただトムがイスでスッ転んだのにはちょっと笑った。
あれは台本にあったのかな?w
スポンサーサイト
  1. 2005/08/01(月) 16:22:53|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ーえ

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。