越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隠し剣 鬼の爪

「隠し剣 鬼の爪」(2004年日本)
主演:永瀬正敏




「たそがれ清兵衛」と同じく、藤沢周平原作・山田洋次監督の時代劇。


まぁ時代劇っていうと水戸黄門とか暴れん坊将軍とかのイメージがあるからどうもしっくりこないんだけど。。


とにかく原作、監督はじめスタッフが同じなのもそうだけど同じ出演者も結構居て、役どころまで似ていたので下手すると間違えかねないw


話としても、実直ゆえに不器用な田舎侍の愛と誰かを討つ任を帯びて斬りあうことになるというのとを軸にした流れはかなり似通っている。



まぁ似てるとかどうとかはともかく、この映画自体の感想。


正直になかなかいい映画だったように思う。


英雄的人物が主人公というわけでもなく、時代の激流を特に描いたものでもない。剣は立つとはいっても、基本的にはただの田舎の下級役人が主人公。

だからこそなのか、時代劇であっても現代劇のようにリアルに心情を重ねることができる。
いや、むしろ江戸時代の田舎を舞台にしていることでより素朴に、人間の温かさみたいなものが伝わってくるのかもしれない。

ところどころにちりばめられた田舎侍たちののどかな様子ややりとりのおかしさは適度に和ませてくれるし、映像的にも田舎の自然が時に美しく、時に温かく描かれて、それが主人公の素朴さ、温かさを引き立たせている。

永瀬と松たか子の演技もよくて、二人の想いが伝わってきてなかなかに素敵だった。

剣術や斬りあいがメインではなく、すごく温かくて素朴な人間ドラマであって、観た後で晴れやかな気持ちになれる。そんな映画。



評点 4.0点 。



「人の温かみが・・・」なんてずっと言ってるけど、タイトルにもなってる

 隠 し 剣  鬼 の 爪 

かっこよかった!すごい技!

ここばかりは「必殺!」って感じで、劇中の伏線や表題の意味が氷解するのと同時に、単純に「かっこいい!」って思える瞬間だった。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/10(水) 23:13:47|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

Mr. インクレディブル

原題 「The Incredibles」(2004年アメリカ)
主演:クレイグ・T・ネルソン



ピクサーの長編アニメ(CG)映画。


タイトルは原題だと「Mr.インクレディブルさん一家」だね。


ヒーローとして活動することを禁じられたかつてのスーパーヒーローのおっさんと同じくすごい特殊能力を持った彼の家族が活躍するお話。


さすがはピクサー。ハズレがないですな。

個人的には「モンスターズインク」の方が好きだけど、こちらもハズレてはいない。


CGがめちゃくちゃキレイなのには驚くばかり。たまに実写や人形使ってんじゃないのかってくらい。


ストーリーはソツがなく、ものすごい興奮したり感動したりするようなもんでもないけど、穴がなく、家族もののアニメとしたらお手本って感じ。
向こうのアニメ独特(?)のテンポの良さも心地よい。


音楽や設定に007やサンダーバードを思わせるところがあり、エンドタイトルなんかのレトロな感じもなかなかいい。
その他各所に昔のヒーローものへの愛情がそこはかとなく感じられた。


あと結構ポイント高かったのは特殊能力の使い方。
例えば、伸び縮みするだけかと思ってたヘレンがパラシュートみたいになったり、へレンとダッシュがモーターボートになったりする発想っていうのは面白い。
子供のころ、「ドラえもんの道具をこう使えばこんなことができるのに~」って思っていたような、特殊能力を応用するアイデアがあったというところが俺的にはひそかに満足度高かった。


作中に結構日本っぽい要素が入っていたようにも思えた。
おっさんの書斎に日本語のメッセージが書かれた紙があったり、ヒーロースーツを作ってるデザイナーのキャラクターなんか「日本人のデザイナーでこーいう人絶対いるわ」って思った。
写真で見る限り、桂由美とか大内順子とかに似てるみたい。まぁデフォルメっぷりが激しくてヨーダみたいになってるけど・・・w


ちなみにエンドロール見てたらこのデザイナーのキャラの声の出演が、脚本&製作を担当してるBrad Birdっていう人になっているのを発見してちょっと楽しい。



評点 4.0点 。


キャラクターの顔がある意味リアルだったので、ダッシュやバディの「いかにも~なアメリカの悪ガキ面」は確かになんかむかつく。

逆にお気に入りのキャラクターはヘレンとフロゾン。
スケート中のフロゾンのクネクネぶりがおもしろい。



アニメにしてはシンドロームの最期がちょっと残酷。





あ。

で、サミュエル・L・ジャクソンは誰役だったんだろう・・・


・・・

・・・・

・・・・・フロゾンさんでしたw
  1. 2005/08/10(水) 18:34:38|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ーえ

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。