越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫の恩返し

猫の恩返し」(2002年日本)
主演:池脇千鶴(声)




スタジオジブリ作品。
もちろん金曜ロードショーにて。


ってか番組冒頭のモー娘はいらんよ。

「On Your Mark」を初めて観られたのはよかったけど。
どんぐり共和国とか行ってジブリのアニメテレカコレクションみたいの見たら「On Your Mark」って観たことないのが混ざってて気になっていたんだよね。
チャゲがいい感じだったな~。



で、猫の恩返し。

車にはねられそうになった猫(の王子)を助けた女子高生ハルは、猫の恩返しとして強引に猫の国に連れて行かれることになってしまう。
不思議な声に導かれて訪ねた、猫の事務所で出会った猫の男爵の人形(バロン)とデブ猫のムタとともに結局猫の国に連れて行かれたハルはちゃんともとの世界に帰れるのだろうか。。

というような話。


なんかジブリの作品の中ではあんまり人気がないようだけど、俺は別に悪くなかったと思う。

75分と(金曜ロードショーで余計な宣伝に時間割けるくらい)短い映画だからすごいエキサイティングな内容とはいかないけど、ちょっと長めのショートフィルムくらいのつもりで観るファンタジーとしては悪くないんじゃないかな。
登場人物もみんな愛嬌があるし、どこか間の抜けた感じもほのぼのしてて俺は好きだったな~。


なんか最後にハルの悩みが解消されて(作中のセリフでいうところの「自分の時間」を見つけて)、ハルが一皮むけて成長するというくだりが正直よくわからないのが不満。。
ストーリーとしては全然薄いしベタなので面白いとはいえないし、キャラクターも愛らしいけど深みはない。。う~ん。。


まぁそれ以外の部分はほのぼのファンタジーとして気持ちよく観れたのでよし。


ハヤオの声優嫌いのおかげでジブリの声はこのところ違和感アリアリなことが多いんだけど(最近では「ハウルの動く城」の主人公18歳時のオバサン声)、今回は袴田吉彦のバロンがやや気になった程度で結構よかったと思う。
バロンにしたってセリフがセリフだから自然に聞こえないってのもあるしw

池脇千鶴は、アニメ声というのか声質もハマっていたし、コミカルな声の演技も上手くてかわいらしかった。

濱田マリも濱田マリそのまんまだったけどコミカルでよかったかな。

ムタ役の渡辺哲って人は悪人声だったけどよく知らない人なので調べてみたら、見事に任侠モノばっかり出てる筋金入りだったw

白猫のユキの声は前田亜季。姉共々今何やってるんだろ?
こんなに声がきれいだったとは!正直驚いた。

あと、最近ジブリ作品の常連となっている北海道ローカルのスター大泉洋。
「今回は出てないんだな~。」とボンヤリ声の出演を見てみたらちゃんと大泉洋の名前があるじゃありませんか!名前もない端役みたいだけど。
んでよく見るととなりにミスターと安田顕の名前も(どちらも北海道のローカルタレント)。
ハヤオは北海道のローカルスターに凝ってるみたいだw



評点 3.5点 。


主題歌の「風になる」(byつじあやの)もさわやかでいいなぁ。楽しい気分になるね。






それにしても今日は真裏の番組でディズニープレゼンツの「星に願いを」ってドラマをやってた。
で、「猫の恩返し」もディズニーの提携作品なんだが・・・、ぶつかる時間帯になってよかったのかなぁ?
スポンサーサイト
  1. 2005/08/26(金) 23:59:59|
  2. 映画 (ナ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ーえ

07 | 2005/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。