越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RONIN

原題 「RONIN」(1999年アメリカ)
主演:ロバート・デ・ニーロ




日曜洋画劇場にて。


謎のブリーフケースを強奪すべく集められた6人の男たち・・・というところから始まるクライム・アクション映画。


なんか日本の武士道にインスパイアされて作られたとか言ってたけど、武士道のかけらも感じられなかったけどなぁ・・・


キャストは結構な俳優そろえてるんだけど・・・

話的には最後まで意味不明だし、正直イマイチ。

バカみたいにドンパチやるばっかりだし、ナンセンスもいいとこ。全然かっこよさがない。

登場人物が次々に殺し殺されていくなか、生き残るやつはゴキブリ並の生命力でなぜか生き延びてたりして、話は二転三転。
展開が忙しいくてワケが分からなくなるが、多分もっと単純にしてもワケのわからん、つまらんシナリオだろうって気がする。


カースタントは異様に長く、よーやるよ・・・って感じだけど、長く作っただけあってそこがこの映画の山場。
結構見ごたえはあった。



評点 2.0点 。


あー。マジで意味わかんなかった。。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/04(日) 23:44:35|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2

ーえ

08 | 2005/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。