越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンパニーマン

原題 「CYPHER」(2001年アメリカ)
主演:ジェレミー・ノーザム




「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督の長編。

「CUBE」のデビット・ヒューレットや「CUBE2」のカーリー・マチェットなんかも出演している。


CGとか少々安っぽいのは否めないが、映像センスはさすが。


主演のジェレミー・ノーザムもうまい。



評点 3.0点 。


話がこんがらがって頭が混乱してしまうが、最後はそういうオチかい・・・って感じでまとめられる。

ラストはきっちり話を締める形で終わるんだけど、音楽や映像や今までの流れからしてなんか締まったんだか締まってないんだか微妙な雰囲気のままでエンディング。


う~ん。ルーシー・リューはどうも・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/11/08(火) 21:46:07|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンダーワールド

原題 「UNDERWORLD」(2003年アメリカ)
主演:ケイト・ベッキンセール




ヴァンパイア(吸血鬼)とライカン(狼男)とが闇の中で何世紀にも渡って戦争を続けてきた・・・という世界観で、ヴァンパイアの女戦士が人間の男を巡る陰謀のなか戦う話。


キャラクターデザインやジャケットの写真に現れているような闇をイメージさせるような世界観はとてもいい感じだったと思う。
特にヴァンパイアのビクターのキャラデザインはよかったと思う。


ストーリーもありがちだけど悪くない。
まぁ恋愛感情とかの要素を入れるにしてはエピソードとして弱いんじゃないかという印象もあるけど、そこは映画のテンポとしてしょうがない部分ではあるのかな。


で、肝心のアクションはというと正直大したことはなく、ブレ様とかとは比べようもない。
そもそも銃撃戦がメインでそれらしいアクション自体が少ない。まぁ女優さんだからしょうがないけど。



評点 3.0点 。


世界観とキャラデザインがかっこいいというのが一番のポイント。


DVDで借りてきたものとしては期待以上でも以下でもなく、借りる前の予想に反しない映画だったな。

なんか続編作りたそうなラストだったけどどうかなぁ・・・w
  1. 2005/11/08(火) 17:52:58|
  2. 映画 (ア行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ーえ

10 | 2005/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。