越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バットマン ビギンズ

原題 「BATMAN BEGINS」(2005年アメリカ)
主演:クリスチャン・ベール




バットマン誕生の秘密が明かされる、久々公開のバットマン。


って言っても前のバットマンシリーズを観たのってかなり前だし、正直あんまり記憶がないので特に感慨が湧くというわけでもないが・・・

まぁバットマン車とか面白アイテムが出てきて「あ~!こんな感じこんな感じ!」とバットマンについて思い出してみたり・・・って感じ。


こうやってみるとバットマンって特にスーパーマンやスパイダーマンみたいな特殊能力があるわけではないんだね。
大富豪が身分を隠してハイテクな道具を駆使して戦っているという話なんだと今さら理解。


でもそれもまた「バットマン」の魅力なのかもしれない。
特殊能力はないけど、夢のようなハイテクアイテム、大富豪と闇のヒーローの秘密の二重生活、心の闇を抱えた主人公に、そこから生まれる自ら闇に溶け込むようなダークなかっこよさ・・・
そういう意味で他のヒーローものにはない魅力があると言える。



一方ツッコみたいところも多少アリ。


特に気になる点を端的に言うなら


オイコラ!渡辺謙!!(怒)


って感じかしら。

ナメられ過ぎです。

そもそも中国の奥地の高山(チベット辺り?)に謎の忍者集団て。。


あとはあの電子レンジ兵器で人体は破裂しないのか・・・?とか
なんで忍者軍団はブルースにご執心だったのかとか・・・


イマイチわからないところもありました。



評点 3.5点 。


出演者は結構いい俳優さんが揃っていて執事役のマイケル・ケインなんかは実によくハマっていたと思う。

ビジュアルや世界観も含め「バットマン」ならではの魅力も感じられたし、ラストのジョーカー出現の知らせなんかもなかなかカッコいい終わりだったし・・・悪くなかった気がするけど・・・


・・・敵がね。。。
スポンサーサイト
  1. 2005/12/03(土) 03:00:00|
  2. 映画 (ハ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ーえ

11 | 2005/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。