越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マシニスト

原題 「The Machinist」(2004年スペイン・アメリカ)
主演:クリスチャン・ベール




1年間も不眠の男。彼は病的にやせ細り、体重はもはやかつての半分に迫ろうとしていた。
そんな中彼の前に現れる謎の男。そして同僚の事故。自宅の冷蔵庫には謎のハングマンゲームのメモが書きが残され、彼は次第に自分が誰かに命を狙われているという妄想にとりつかれる・・・という流れ。


クリスチャン・ベール細っ!!これのために30キロも減量したそうな。まるっきり別人。よく頑張った!w
撮影がいつごろされたのか分からないけど翌年公開のバットマンではすでに立派なガタイになっていたからすごい。

ヤバーい感じになっちゃってる主人公の演技は鬼気迫るものがあったかな。


まさに現実と悪夢の世界が混同したような不気味さが全編通して感じられ、音楽も不気味な雰囲気を盛り上げる。

ストーリー的には、ファイトクラブオチだということは途中からわかってて、物語は不眠症のイっちゃったの大立ち回りだから少々中だるみする気がするんだけど、終わって話が繋がってから考えてみるとなるほどうまくできてるねってな感じ。


ラストはスッキリ。


評点 3.5点 。


クリスチャン・ベールはかつては「太陽の帝国」という映画の子役として注目を浴びたひとらしいね。

大人になって今再び流れが来はじめてる感じなのかな。顔的にはモッサリしてて(俺には)スターには見えないけど・・・w
スポンサーサイト
  1. 2005/12/06(火) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ーえ

11 | 2005/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。