越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シンドラーのリスト

原題 「Schindler's List」(1993年アメリカ)
主演:リーアム・ニーソン




第二次大戦時のポーランドで、1200人ものユダヤ人を虐殺から救った実在のドイツ人実業家について描いた映画。


実在の人物を題材にしていて、史実に基づいた話だということなのだが、どうも大分史実とズレているところがあるらしく、スピルバーグ監督批判と相まって結構批判もされているようだ。。


でも俺はこれが100%真実ではないと分かった上でも、十分観る価値のある映画ではあったかなと思う。


例えば坂本龍馬のドラマを作ったときに、龍馬が海を見つめて「日本の夜明けぜよ!」な~んて言うフィクシャスなシーンがあったとしても、多分特に目くじら立てることはないだろう。
脚色や多少の創作があったとしても、映画を通して作り手側が伝えたいメッセージを観客に伝えるための手法としてある程度は許容されるのかな、と思う。
映画は報道やドキュメンタリーとは違うから。


まぁ、実際どこがどれくらい史実と乖離してるのかってのは俺は知らないんでそれ以上は何とも言えないけど。



と、まぁ前置きが長くなったけど感想を。


この映画を観て考えさせられることは、戦争や民族差別政策といったようなものに正当化されることで、人間としての正常な判断のたががいかに簡単にはずされてしまうかということ。
これはこの映画だけを観て思うことではないと思うけど。。


普段自分が内心疎んでいる集団がいたとして、権力によってそれらは家畜以下の存在だとお墨付きが出ることで、
また仮に何も疎むべくこともなかった人々に対してでも、自分が従う絶対的権威に殺すべき存在だと命ぜられることで、
彼らも自分と同じ命なのだと認識することをやめてしまう。

そんな危うさが人間にはあるんだということに気付かされる。


この映画でのユダヤ人の殺され方のあっけなさ・・・というか人が殺されるシーンでの温度変化の無さにそういった怖さを感じた。



あとオスカー・シンドラーという登場人物について。


彼自身完全に善人だったわけではなかったというのが意外で印象に残った。


効率を第一に考え金を儲けを目指す野心家だったし、そのためには賄賂も使った。
献身的に正義に尽くすいわゆる聖人というわけではなく、むしろ奔放で野心的な一経営者が差別や虐殺という歪んだ現実を傍観することを勇気を持ってやめた人物という感じだろう。


シンドラーは、そもそも物語の冒頭からユダヤ人に対する偏見を特段持たない人物として描かれているが、経営効率を第一に考えていたゆえに、人種差別や虐殺といったものに取り込まれることがなかったんじゃないかというふうにも想像する。


というわけで、いわゆる聖人的人物ではない彼は、体制と真っ向から対決するヒーローになるわけではなく、巧みな世渡りで人生を楽しむ一方で、人種差別で虐待に走るドイツ軍の思想に染まることなく、最後の最後で自分のなしうる限りでユダヤ人を虐殺から救ったという感じに描かれている。


そういう立ち位置っていうのは、偉人とされる人物としてはもしかしたら卑怯にも思えるかもしれないが、最後に傍観者であることをやめ、そこから踏み出して力を尽くすということは、やはり自らを危険にさらす勇敢な行為だと思う。


最後、シンドラーが「自分はもっと力を尽くせば・・・」と泣き崩れるシーンでは、やはりグッと来るものがあった。

それは映画のシーンとしての感動だけではなく、同時に常に傍観者である自分達に突きつけられている言葉でもあるからこそ胸が痛むのだろう。



と、まぁこれだけ色々と考える機会になったというだけでも十分観る価値があったんじゃないかと思う。



評点 4.5点 。


全編白黒になっている理由はイマイチわからないが、白黒で3時間という映画でありながら一気に観させるというのは、やはり映画として力がある作品だからこそだろう。


助演二人の演技もよかった。


実際の生還者と役者がシンドラーの墓に参列するエンディングは、実際にホロコーストを生き延びた人々の人生の重さを思わされるシーンではあったが、なんかNHKのドキュメンタリーを見るようで、映画のエンディングとしては違和感が残った。



なんか映画の感想とはやや離れた感じになっちゃったかなw
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイス エイジ

原題 「Ice Age」(2002年アメリカ)
主演:レイ・ロマーノ(声)




氷河期、動物達が一斉に南を目指す中、孤独なマンモスと群れから置いていかれたお調子者のナマケモノが、偶然見つけた人間の赤ん坊を父親のもとに返すべく、密かに赤ん坊を狙うサーベルタイガーとともに北を目指す。
道中この奇妙な群れは、友情と赤ん坊への愛で次第に結ばれていく。

という話のCGアニメ。


ナマケモノのシドの声はジョン・レグイザモ。
吹き替え版では爆笑の太田光が担当。


たまには楽しい感じのアニメをと思って借りてきたんだけど、ストーリー的にはこんなものかな~という感じ。

アメフトのパロディっぽいとことか、笑いのポイントが日本人とはちょっとズレてるかなというようなところも。



評点 3.0点 。


まぁおおよそ期待通りだけど、もうちょっと面白いのを期待してたってのも少々あるので3点。



小動物がかわいかったw
  1. 2006/01/28(土) 08:59:59|
  2. 映画 (ア行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスク オブ ゾロ

原題 「The Mask of Zorro」(1998年アメリカ)
主演:アントニオ・バンデラス




木曜洋画劇場にて。


スペインから独立した直後のメキシコを舞台に、弱き民衆を助ける仮面のヒーロー、ゾロの活躍を描いたアクション。


初代ゾロ役にアンソニー・ホプキンス、その後継者となる2代目ゾロ役にアントニオ・バンデラス。

吹き替えだけど、津嘉山正種と大塚明夫の男前ボイスが最高だったw


アクションも退屈さをまるで感じさせないが、2人の演じるゾロというキャラクター自体がカッコいい。



評点 4.0点 。


テレビで観てこれだけ楽しめれば十分。
  1. 2006/01/26(木) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロスト イン トランスレーション

原題 「Lost In Translation」(2003年アメリカ)
主演:ビル・マーレー




人生に行き詰まりと漠然とした不安、孤独を感じる2人。言葉も心も通じない東京で出会い、絆が芽生える。


なんてゆーか・・・日本に来た外人はこんな気分なんだろうな・・・

日本人がバカみたいにみえる。。


派手な演出をせず、登場人物の感情やその場の微妙な空気を感じさせる映画だったと思うんだけど、その空気が日本人の立場では伝わりにくいものがあるかな。
そうでもない?日本人が間抜けに見えるんでムカついただけかw


まぁでも思わず笑ってしまうユーモアは◎。


恋とも友情とも言えない微妙なところで別れる2人なんだけど、確かな絆を感じさせるラストも結構好き。


このときだけの出会いだけど、「会えてよかった」という貴重な出会い。そんな感じ。



評点 3.5点 。


なんかクラブかなんかのシーンでNIGOが出てた気がするんだけど・・・


あと、途中で出てくるカラオケの部屋は入ったことある部屋だった。カラ館ね。
  1. 2006/01/18(水) 23:59:59|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムーラン ルージュ

原題 「Moulin Rouge!」(2001年アメリカ)
主演:ニコール・キッドマン




19世紀末のナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」を舞台に若い作家と高級娼婦との悲恋を描いたミュージカル。


最近観た映画では一番面白かった。


まず音楽。

Elton JohnやMadonna、Sting、David Bowie、U2、Nirvana・・・など、珠玉のポップスを映画の世界観の中で見事に使われている。

俺くらいの世代になじみ深い楽曲が巧みにアレンジされて使われるので、音楽だけでも自然に気分が盛り上がってくる。

それで歌ってる主役の2人の歌が微妙だと「あーぁ・・・」ってなってしまうとこだけど、ユアン・マクレガーもニコール・キッドマンも歌がうまい!お見事!
特にユアン・マクレガーは素晴らしかった。
前半の「Your Song」は最高。

他にもムーラン・ルージュに初めて潜り込む時のミュージカルシーンなど非常にエキサイティングでよかった。


衣装デザインも実にいい。

派手な原色系のドレスとメイクで乱舞する踊り子たちに、サティーンの豪華絢爛たる舞台衣装、斬新で風変わりな服装が映画を華やかに彩り、締めるところはシックな衣装でしっとりと締めている。


舞台セットも見事。

映像的にも遊び心があってイイ。



評点 5.0点 。


バズ・ラーマン監督はディカプリオの「ロミオとジュリエット」の現代版を監督した人。

古典的な物語を現代的な世界観にミックスするセンスを持った人なんだろうな~。


最後のスタッフロール見て気付いたんだけど、なんか妖精の声役でオジーが出てるらしい・・・
確認すべくその部分をもう一度観たんだけど・・・女の声のような気がするなぁ。。最後シャウトした瞬間それっぽい声に聞こえたけど・・・

まさかそこだけ??だったら・・・

                   ・・・わかるかい!w
  1. 2006/01/17(火) 23:59:59|
  2. 映画 (マ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

感染

感染」(2004年日本)
主演:佐藤浩一




経営難で医療器具が底をつき始めた古びた病院で気持ち悪~いウイルスが蔓延するというホラー。


ドロドロぐちゃぐちゃキモチワルイ。

そんな映画。



評点 2.5点 。


病院がどう考えても不潔すぎ・・・


後半つまらん展開になってしまったのが残念。


結局幽霊みたいなのがいたってことかな?って思ったんだけど(揺れるブランコの描写から2人?)、これを書いているのが観てから結構経ってからなので大分ディテールは忘れてしまった。。




木村多江出演。
  1. 2006/01/17(火) 03:59:59|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

007 / ダイ アナザー デイ

原題 「Die Another Day」(2002年アメリカ・イギリス)
主演:ピアース・ブロスナン




日曜洋画劇場にて。

007シリーズの最新作。


何気に「007」をちゃんと観るのは初めで、ちょっと期待して観たんだけど・・・

う~ん・・・イマイチ。

「トリプルX」とあんまり変わらん。。

ってかこういうオモチャっぽいのが「007」シリーズなんだろうね。「トリプルX」がマネしてるだけで。


ボンド・カーやガラスを粉々にする指輪など、ワクワクアイテムも登場したが・・・

話的には面白い映画とはいえなかったかな。。



評点 2.5点 。


主人公のユーモアやセクシーさみたいなもので「トリプルX」よりよかったと思うが・・・

ピアース・ブロスナンが思ったより歳いっちゃってる感じでなんだったな~。。
  1. 2006/01/15(日) 23:59:59|
  2. 映画 (タ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レッド オクトーバーを追え!

原題 「The Hunt for Red October」(1990年アメリカ)
主演:ショーン・コネリー




冷戦末期のソ連。
無音潜行が可能な最新鋭原子力潜水艦「レッド・オクトーバー」が自国を出航後、ラミウス艦長の指揮のもと消息を絶った。あとを追ってソ連の大艦隊がソ連を出発する。
アメリカへの攻撃の前触れかとアメリカ側も浮き足立つ中、CIAの分析官ライアンは、艦の目的が亡命にあるのではないかと気付き、レッド・オクトーバーとの接触を目指す。
果たして艦の目的は・・・?

というような話。


海洋アクションとしても、人々の思惑が交錯する政治ドラマとしても、緊迫感のある面白い映画だったと思う。


クライマックスも読める展開ではあるけど、鮮やかでよかった。

まぁロシア人側から言えばなんか屈辱的な展開じゃなかろうかと思っちゃうけどw



評点 4.0点 。


途中でソ連人役のショーン・コネリーやサム・ニールの台詞がロシア語から英語に切り替わるんだけど、その瞬間、何とか滑らかに切り替えようと制作者が工夫する様子が想像できてなんか面白かったw
  1. 2006/01/14(土) 23:59:59|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トリプルX

原題 「XXX」(2002年アメリカ)
主演:ヴィン・ディーゼル




金曜ロードショーにて。

エクストリームスポーツのスターでもあるアウトローがアメリカの国家機関の秘密エージェントになって大活躍・・・という話。


ハハ・・・すごい子供向けのゲームみたいな話だなw

って感想。



評点 2.0点 。


一番笑えたのは主人公が部屋に入ると女がカメレオンみたいに柱にからんでクネクネしてたとこ。意味不明。

ってか妖怪にしか見えんw
  1. 2006/01/13(金) 23:59:59|
  2. 映画 (タ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇宙戦争

原題 「WAR OF THE WORLDS」(2005年アメリカ)
主演:トム・クルーズ




1898年(19世紀…!)のSF小説の映画化。1953年に一度映画化されているのでこれは再映画化ということになる。

すでに観た友達からつまんないつまんないと聞いていたのだが、初めからそう覚悟していたこともあって結構楽しめた。


感想は・・・なんというか・・・すごい古典的なSFっぷりが面白いw

タコみたいな火星人にタコ型兵器・・・なんか意味もなく人間が捕まえられて血を撒き散らされるのとか・・・すごく単純に怖さを煽る侵略ぶりがむしろ新鮮だ。

ってかそもそも俺が言ってる「宇宙人襲来!」的な古典的SFのイメージ自体この小説があってこそ存在してるものなんだろうけどw


小説のストーリーが元々どういうものだったかはよく知らないんだけど、今回のスピルバーグ監督の映画では、古典的な宇宙人襲来のストーリーの中で無力に逃げ惑いながらもその中で見つめなおされる家族愛みたいなのがテーマになっているようだ。

冒頭のトム・クルーズがダメ父親っぷりから、徐々に子供たちを守るんだという意思と勇気にめざめていく様子がメインで描かれている。

陳腐と言ってしまえばそれまでだが、これだけ古風な宇宙人の侵略にさらされている中での親子愛っていうのが逆にいい味出してるような気もするな。
ラストのトム・クルーズなんて結構いい顔してましたよ。


まぁ「宇宙戦争」って聞いて、地球人が勇ましく宇宙人と戦って打ち負かすような映画を期待して観たなら、期待はずれも甚だしい映画だったと思うけどw

どっかの映画みたいに大統領が戦闘機乗ったり、敵の宇宙船に突っこんで行って宇宙人のコンピュータにウィルス感染させたり(宇宙人の言語からコンピュータシステムまでまるっきり謎なのによく地球でパッと作ったようなウィルスが使えたな!!)するような映画ってのもなんだしねぇ。



評点 3.5点 。


もちろんツッコミどころはこれでもかというくらいにある映画で、笑っちゃうくらいのご都合主義。
ほぼ全ての車が突然ダウンしたわりには道路がうまい具合に空いてたり、飛行機が墜落してきて家も潰れて周囲がメチャクチャなのに路駐してた車は無傷ですぐ走り出せたり・・・思わず吹きだしちゃいましたよ。


・・・まぁタコ型の火星人が地球を侵略しに来る話だから・・・そんなご都合主義も笑ってスルー。

スルーでいいでしょ?w



でもティムロビンス殺したのはどうかと思うわ。。
  1. 2006/01/11(水) 23:59:59|
  2. 映画 (ア行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーティカル・リミット

原題 「Vertical Limit」(2000年アメリカ)
主演:クリス・オドネル




金曜ロードショーにて。


主演はクリス・オドネル・・・だったらしい。なんか気付かないまま観終わってしまった。。


無謀なスケジュールでK2登頂に挑んだ資産家のパーティ。
ところが山頂目前でクレバスに落下し、同行していた主人公の妹ら3人がクレバスの中に閉じ込められてしまう。
主人公は妹達を救出するため、6人の救出隊を結成し、クレバスの入り口を爆破するためのニトログリセリンを持って山頂を目指す・・・!


・・・えぇ!?ニトロ!!?

そんな危険な・・・

案の定途中で「ニトロ落とす→爆発はしのぐ→雪崩発生→死」や「ニトロが日光で温まり爆発→吹き飛ぶ」といったムダ死に連発。

あれで死んでった連中は一体なんだったのか・・・


評点 3.0点 。


なんか盛り上がりがイマイチ。CMでカットされてるせいもあるのか・・・

ラストもアッサリ過ぎで「え・・・?」って感じ。

下山はどうした!?

登山の専門家はどいつもこいつもアッサリ死んでるし・・・普通に考えたら下山は相当危険な気が。。


まぁ雪山の映像はとてもきれいだったし、ピッケル2つ持って断崖絶壁をジャンプという蛮勇も、ありえない行為だと思うけど迫力ある映像だったので、結構楽しめた。

というわけで3点。
  1. 2006/01/06(金) 23:59:59|
  2. 映画 (ハ行)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ーえ

12 | 2006/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。