越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デッドマン ウォーキング

原題 「DEAD MAN WALKING」(1995年アメリカ)
主演:スーザン・サランドン



監督はティム・ロビンス。主演のスーザン・サランドンの旦那さんらしい。


ショーン・ペン演じる死刑執行を1週間後に控えた死刑囚の精神アドバイザーになった修道女の話。

実際に修道女である原作者が主人公の話だけに結構キリスト教色の濃い目な話だった。

聖書の引用が多く、「真実を語って罪を悔いれば神の導きによって魂が救われる」というのが死にゆく死刑囚の心の慰めになり、罪の告白と懺悔によって彼が人間として尊厳ある死を迎えられると二人が涙するところがある意味クライマックスで描かれる。

・・・まぁ俺にはそこまでピンと来ない部分ではあったけど。。



この話のテーマのひとつに「死刑制度へのジレンマ」ってのがあった。

原作者は反対派だ。その立場を支持するか否かはともかく、こうした経験や種々の活動を背景にした問題提起には考えさせられるものがある。



貧しく学もない加害者が根拠もない人種差別や独裁者賛美とかしてしまってたりする現実。


加害者の側か、被害者の側か。死刑反対論派か、賛成派か。敵か味方かという二つのどちらかに分かたれてしまうことへの苦悩。
劇中で被害者の遺族の夫婦のもとへ話を聞きにいき、彼らの悲しみに共感し力になりたいと思いながらも、死刑囚のアドバイザーだということがわかると夫婦の態度が豹変し「敵だ!」と罵られて追い出されるシーンなどが記憶に残る。


人を殺したものが正義の名のもとに殺されることが果たして正しいのかっていう根本的な疑問。


そして家族を殺された遺族が憎しみのうちに加害者の死刑を望むということへの複雑な思い。

被害者の家族の深い心の傷やそれによって彼らの人生までが壊されたという事実を受け止めてもなお、憎しみのうちに死刑囚が殺されていくということに不条理を感じているのだと思う。

物語の最後、死刑囚の墓に思いがけず訪れた被害者の父に主人公が言う。
「お互いの努力によって憎しみを乗り越えることが―――」
「それは無理でしょう」被害者の父は言う。

結局、愛する者を奪った犯人への憎しみを乗り越えることなんて不可能だ。それは多分正しい。
俺もそんなことは出来ないと思う。自分で殺してやりたい、そうでなくても当然死刑であるべきだと望む・・・というのは多分当然の感情だからだ。

結局、彼女も憎しみに満ちているのでない死が訪れることを祈ることしかできない。
映画のラストシーンは彼女の祈りのシーンで終わるのは多分そういうことなのだろうと思う。



評点 3.5点 。


死刑囚の男のやったことは死刑に値する犯罪だと思うし、同情できはしないけど、
この映画の趣旨は、彼に同情するとかってところではないと思う。

どんな罪を犯した人間であっても憎しみに満ちていない尊厳ある死を迎えるべきだという考えとそれを取り巻く現実。

劇中で描かれた死刑に関わる色々な現実を垣間見るなかでの問題提起が俺的にはポイントだった。


まぁただ映画のストーリーとして起伏があって面白いものでもないので3.5点ぐらいだと思った。






撮り方的には、ガラス越しの会話で一方を正面に、もうひとりをガラスに映して撮影したシーンとか工夫があったと思うんだけど、
一箇所、主人公が被害者の父と会話するときに父のほうをかなり手前に座らせて横から撮影したために、遠近法で父のほうが巨人に見えていたのは正直解せない。
撮り方とかこだわってそうだからミスってことはないだろうけど、そうする意味もよくわかんないんだよね。。う~ん・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/07/02(土) 23:59:59|
  2. 映画 (タ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スターウォーズ 特別編 | ホーム | ヘルボーイ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/10-97c9acee

ーえ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。