越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猿の惑星

原題 「Planet of the Apes」(1968年アメリカ)
主演:チャールトン・ヘストン




午後のロードショーにて。

開始15分後くらいから観始める。


これで観たのは3回目くらいかなぁ。

やはり面白かった。

人間が猿に支配されているという設定、宗教裁判みたいな裁判シーンなど皮肉たっぷりな映画になっている。

映画史に残る有名なラストシーンはやはり衝撃的。

俺的には2作目のラストにすごい衝撃を受けた記憶アリ。


それにしても猿の文明って明らかにバランス悪くて不自然だよねぇ・・・w



評点 4.5点 。


主演はチャールトン・ヘストン。後の全米ライフル協会の会長。

音楽はジェリー・ゴールドスミス。映画音楽界の巨匠。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/28(月) 21:00:41|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<きょうのできごと | ホーム | 奪還 DAKKAN ―アルカトラズ―>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/108-e8555fbd

ーえ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。