越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヘルボーイ

原題 「HELLBOY」(2004年アメリカ)
主演:ロン・パールマン



確かアメコミの映画化。ってゆーかアメコミの映画化としか考えられないキャラクターデザイン。。


なんと言おうか・・・ストーリーはメチャクチャ。ツッコミどころが多すぎるのにはもう何も言うまいというところだが、キャラクター設定もかなりテキトーだし、話の展開も全然。。。原作のアメコミをタップリと読んできたアメリカンにとっては当たり前の設定みたいのを端折ってるということなのだろうか?

登場するキャラクターはかなりマンガチックな連中が揃っていて、ブッ飛んだアクションを期待させるが、それについても期待はずれも甚だしいという印象。
敵に不気味さが足りないし、全然強さや恐さも感じない。一方、主人公のヘルボーイにしても戦い方が単調だし、面白みがない。
もっといろいろな特殊能力のオンパレードになることを期待してしまうので、あれではあまりにも・・・
やっぱ戦闘シーンが面白くないんじゃどうしようもないよな。全体的に盛り上がりに欠け過ぎている。。
ラストなんか (゚Д゚)ハァ? の一言。


まぁヘルボーイがなかなかコミカルでかわいらしいってところに和まされるのは確かだが、ストーリーが全然そのキャラクターを活かしていない・・・というか、「冥界の復活を企む悪との対決」という流れが子供向けの戦隊ヒーローもののレベルなので、いかにヘルボーイの人間らしい魅力とかをその中で描こうとしても陳腐になってしまうのが痛い。

戦闘シーンも含めて「悪との対決」のストーリー軸がしょぼすぎるので
「ヘルボーイがいかに人間らしくあるか」のほうが主題なのかと思いたいが、それも単に「かわいらしい」というレベルでしか楽しめない・・・って感じか。

あといいところ・・・うーん・・・ヒロインの人体発火女のセルマ・ブレアが美人だったことぐらいだろうか。。


評点 2.0点 。

かなりコドモ向けな話だってのはわかってたし別にそんなに期待してたわけじゃないけどさ・・・
それにしても期待はずれ。。。



あ・・・この映画最大の魅力について書くのを忘れてた・・・


ちょんまg・・・

050630-1749.jpg
チョンマゲ

エ○モンド本田かと。


・・・いや、いったいどこのおかっぴきなのかと。




あ、個人的なネタだけど顔は高校のバスケ部のプレイングマネそっくり。かなり笑えるw












―追記―
教授役のじいさん、ジョン・ハートってひと。ハリポタ出てたのはともかく、「エレファントマン」のメリック役だったとは・・・!
スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 23:59:59|
  2. 映画 (ハ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デッドマン ウォーキング | ホーム | Ray>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/11-480cc007

ーえ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。