越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ray

原題 「Ray」(2004年アメリカ)
主演:ジェイミー・フォックス



レイ・チャールズの伝記的な映画。

盲目でありながら自立して生きようとする彼の強さ、子供のころのトラウマに苦しみそこから目を背けてドラッグに走る弱さ、家族を省みない姿やスターとしての傲慢さ・・・
単に美談なわけじゃなくて、天才的な音楽の才能で人々を熱狂させた陰にあった非常に人間的な姿が描かれているのがいい。

もちろん多少の脚色はあるのかもしれないが、レイが自分の過去と対面してトラウマを克服し、心に故郷を取り戻していくクライマックスにはかなり感動。


ジェイミー・フォックスはこれで2004年のアカデミー賞で最優秀主演男優賞を獲ったわけだが、その理由は演技の表現力に加えて、本物のレイ・チャールズそっくりだったこと、レイ・チャールズ本人が2004年に本当に亡くなってしまったのでその効果というのもあったのではないかといわれている。
・・・が、俺は実際のレイ・チャールズをあんまり知らないのでそこんところはよくわからず、確認はしようがなかった・・・w


ともあれ、盲目の天才歌手レイ・チャールズの光と影・・・というか人間臭さをしっかり描いた結構いい映画だったような気がする。


評点 4.0点 。

実際にレイ・チャールズという歌手をよく知っていてこその映画で、俺はその点でこの映画の魅力を十分に味わいきれてないのかもしれないが、4.0点では低いような気がするので4.5点。

・・・と思ったが、4.5ってのは俺基準で特別何か残るものがあったときにつけるようにすべきだと思ったのでやっぱり4.0点。。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/28(火) 23:59:59|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<ヘルボーイ | ホーム | 悪夢>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/12-82b716d5

Ray/レイ

●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点さすがにアカデミー賞主演男優賞を受賞しただけあって、レイ・チャールズの半生を迫真の演技で描いています。作調的には先日観た『アリ』に近いと思います。レイ・チャールズといえば、盲目でサングラス掛けてて、...
  1. 2006/01/03(火) 12:10:07 |
  2. I Love Movie!【ホームシアター映画日記】

今日の映画は”Ray/レイ”

今日の映画鑑賞は、本年度アカデミー賞主演男優賞受賞ジェイミー・フォックス主演の”Ray/レイ”です。タイトル通り、レイ・チャールズ・ロビンソンの壮絶な半生を全身全霊込めてまさにレイになりきったジェイミー・フォックスが演じます。子供の頃、視力を失ったレイ。
  1. 2005/07/20(水) 18:53:57 |
  2. わっきぃブログ

★「Ray/レイ」

ソウルの神様、レイ・チャールズの伝記的映画。公開初日のナイト・ショウで見てきました。ネット予約しておいたので、またまたど真ん中鑑賞。定員350名くらいのスクリーンで観客10人くらい。なのに左隣の席に他人が二人座ったっっ。3人並んで着席????もっとゆった
  1. 2005/07/20(水) 00:50:31 |
  2. ひらりん的映画ブログ

ーえ

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。