越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロード オブ ザ リング ―王の帰還―

原題 「The Lord of the Kings - The Return of the King」(2004年アメリカ)
主演:イライジャ・ウッド




シリーズ最終章。

主人公フロドとサムは指輪を狙うゴラムの手引きでいよいよモルドールへと潜入し、残る仲間はゴンドールの城でサウロンの大軍勢と最後の決戦に挑む。


シリーズでもっとも見ごたえがあり、胸打たれる作品。

一番好きなシーンはサムがフロドを背負って滅びの山を目指すところ。
どんどん勇者化サム。どんどん乙女化フロド様。

サムかっこよすぎ。



評点 5.0点 。


文句なしで5点。面白い。


いやぁ・・・しかし、この物語でいうところの「中つ国」ってのはヨーロッパをイメージしてるんだろうけど、だとすると南方のアフリカ人、東方のアラブ人が問答無用で悪魔みたいな扱いをされてるのがなんとも十字軍的というか・・・w
スポンサーサイト
  1. 2005/12/20(火) 23:59:59|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<メメント | ホーム | ロード オブ ザ リング ―二つの塔―>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/123-8dacd524

ーえ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。