越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宇宙戦争

原題 「WAR OF THE WORLDS」(2005年アメリカ)
主演:トム・クルーズ




1898年(19世紀…!)のSF小説の映画化。1953年に一度映画化されているのでこれは再映画化ということになる。

すでに観た友達からつまんないつまんないと聞いていたのだが、初めからそう覚悟していたこともあって結構楽しめた。


感想は・・・なんというか・・・すごい古典的なSFっぷりが面白いw

タコみたいな火星人にタコ型兵器・・・なんか意味もなく人間が捕まえられて血を撒き散らされるのとか・・・すごく単純に怖さを煽る侵略ぶりがむしろ新鮮だ。

ってかそもそも俺が言ってる「宇宙人襲来!」的な古典的SFのイメージ自体この小説があってこそ存在してるものなんだろうけどw


小説のストーリーが元々どういうものだったかはよく知らないんだけど、今回のスピルバーグ監督の映画では、古典的な宇宙人襲来のストーリーの中で無力に逃げ惑いながらもその中で見つめなおされる家族愛みたいなのがテーマになっているようだ。

冒頭のトム・クルーズがダメ父親っぷりから、徐々に子供たちを守るんだという意思と勇気にめざめていく様子がメインで描かれている。

陳腐と言ってしまえばそれまでだが、これだけ古風な宇宙人の侵略にさらされている中での親子愛っていうのが逆にいい味出してるような気もするな。
ラストのトム・クルーズなんて結構いい顔してましたよ。


まぁ「宇宙戦争」って聞いて、地球人が勇ましく宇宙人と戦って打ち負かすような映画を期待して観たなら、期待はずれも甚だしい映画だったと思うけどw

どっかの映画みたいに大統領が戦闘機乗ったり、敵の宇宙船に突っこんで行って宇宙人のコンピュータにウィルス感染させたり(宇宙人の言語からコンピュータシステムまでまるっきり謎なのによく地球でパッと作ったようなウィルスが使えたな!!)するような映画ってのもなんだしねぇ。



評点 3.5点 。


もちろんツッコミどころはこれでもかというくらいにある映画で、笑っちゃうくらいのご都合主義。
ほぼ全ての車が突然ダウンしたわりには道路がうまい具合に空いてたり、飛行機が墜落してきて家も潰れて周囲がメチャクチャなのに路駐してた車は無傷ですぐ走り出せたり・・・思わず吹きだしちゃいましたよ。


・・・まぁタコ型の火星人が地球を侵略しに来る話だから・・・そんなご都合主義も笑ってスルー。

スルーでいいでしょ?w



でもティムロビンス殺したのはどうかと思うわ。。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/11(水) 23:59:59|
  2. 映画 (ア行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トリプルX | ホーム | バーティカル・リミット>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/126-6a01fde4

ーえ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。