越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レッド オクトーバーを追え!

原題 「The Hunt for Red October」(1990年アメリカ)
主演:ショーン・コネリー




冷戦末期のソ連。
無音潜行が可能な最新鋭原子力潜水艦「レッド・オクトーバー」が自国を出航後、ラミウス艦長の指揮のもと消息を絶った。あとを追ってソ連の大艦隊がソ連を出発する。
アメリカへの攻撃の前触れかとアメリカ側も浮き足立つ中、CIAの分析官ライアンは、艦の目的が亡命にあるのではないかと気付き、レッド・オクトーバーとの接触を目指す。
果たして艦の目的は・・・?

というような話。


海洋アクションとしても、人々の思惑が交錯する政治ドラマとしても、緊迫感のある面白い映画だったと思う。


クライマックスも読める展開ではあるけど、鮮やかでよかった。

まぁロシア人側から言えばなんか屈辱的な展開じゃなかろうかと思っちゃうけどw



評点 4.0点 。


途中でソ連人役のショーン・コネリーやサム・ニールの台詞がロシア語から英語に切り替わるんだけど、その瞬間、何とか滑らかに切り替えようと制作者が工夫する様子が想像できてなんか面白かったw
スポンサーサイト
  1. 2006/01/14(土) 23:59:59|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<007 / ダイ アナザー デイ | ホーム | トリプルX>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/128-1b3be2ab

ーえ

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。