越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイ,ロボット

原題 「i, ROBOT」(2004年アメリカ)
主演:ウィル・スミス



アイザック・アシモフ(ちょっと前まで「トリビアの泉」のオープニングでタモリが紹介してた「人間は無用な知識を蓄えて快感を得る唯一の動物である」というセリフを言ったらしいひと)の「我はロボット」という小説にインスパイアされて出来た映画なんだそうな。
インスパイアっていうと・・・?原作ってことじゃないのか?ちょっと謎。。


映画はロボットの反乱を描いたある意味古典的なSF映画。

これは結構楽しめた。
魂を持つように作られたロボットのセリフは切ないものもあるし、ちょっと考えさせられるようなものもあった。
音楽とか世界観とかも含めて物語全体のSFチックな雰囲気や緊迫感もよかった。アクションもクド過ぎず、スピーディーでよし。

ロボットが襲ってくるとき、(武器や道具を使って襲い掛かってきても良さそうなもんなのに)素手で襲い掛かってきたり、
ロボットが他のロボットを破壊するシーンなどで、(無表情で機械で破壊するとかでいいのに)ロボットが恐ろしく顔をゆがませて素手でぶん殴ったりして破壊して回るさまは、なんかすごい原始的というか動物的で、そこがまた不気味な恐ろしさを演出している。

家を破壊するロボットの大怪獣っぽさもなかなかカッコいいw


ストーリー的にはやっぱり古典らしくベタな展開ではあるが、テンポが良くて飽きさせないので良かった。
ラストは迫力あるシーンだったけど、結局「革命」に繋がっていきそうな可能性も感じさせるフクザツなものでもあった。

ただ、主人公がロボットを憎む理由ってのはちょっと希薄だったじゃないかなと思いますね(セルジオ越後風)
あと「ロボット三原則の帰結」っていうのも強引かな。もうちょっとスッキリ納得できるような論理が欲しかったところだ。劇中での説明はちょっと古典的すぎるというか昔のSFのお決まりなのでちょっと拍子抜けしてしまった。。


評点は 4.0点 。

この手の映画としては結構面白かったと思う。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/10(金) 23:59:59|
  2. 映画 (ア行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モーターサイクル・ダイアリーズ | ホーム | デイ アフター トゥモロー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/20-6b7b76aa

ーえ

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。