越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砂と霧の家

原題 「House of Sand and Fog」(2003年アメリカ)
主演:ジェニファー・コネリー



海辺の一軒家を家を巡って起こる諍いとそれに関わる人々の姿を描いた作品。

ある「家」にこだわる女と移民の家族の悲劇をすごい緻密に描いていて非常に心に残る作品。

「家」は結局のところ、誰にとっても本当に大切なものではなかったというのが心に重く、痛く響いた。


評点は 4.5点 。


限りなく5点に近い4.5点。最初は5点かなと思ったけどやっぱり。

いずれにせよ、いい作品だと思う。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/04(土) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:5
  4. | コメント:0
<<華氏911 | ホーム | jackass the movie>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/25-3e319013

映画鑑賞感想文『砂と霧の家』

さるおです。 『HOUSE OF SAND AND FOG/砂と霧の家』を観たよ。 監督さん、キエフの人ヴァディム・パールマン(Vadim Perelman)です。いつか行ってみたい場所。キエフ出身ってことと関連づけていいのかどうか知らんけど、影のある映像といい、絶望と安らぎのバランスといい、
  1. 2005/12/29(木) 15:41:51 |
  2. さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー

映画『砂と霧の家』

原題:House of Sand and Fog  -悲しむべきは人の性か-極めてシリアス、極めてハードボイルドな映画だ。登場人物が本当はみんないい人なのに、あまりに酷い結末を迎える。 結婚生活が破綻し海辺の一軒家で引き籠もりのキャシー(ジェニファー・コネリー)は、わずかな
  1. 2005/10/11(火) 02:46:23 |
  2. 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~

「砂と霧の家」

なんかぱっとしないタイトルだけれど実力派俳優出演作。ジェニファー・コネリーは「ビューティフル・マインド」でアカデミー・助演女優賞。ベン・キングスレーは「ガンジー」でアカデミー・主演男優賞。原題は「HOUSE OF SAND AND FOG」・・・そのまんま。2003年製作のサ
  1. 2005/07/20(水) 00:43:18 |
  2. ひらりん的映画ブログ

砂と霧の家

ジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー主演一軒の家にまつわる数奇な運命の主人公達の話。久々に落ち着いて観ることが出来た。エンターテイメントもいいのだろうが、もっと、訴えるものが欲しいと思っていた。これは、訴えてくる。もう、悲しくて悲しく....
  1. 2005/07/19(火) 23:36:53 |
  2. 「月の風」シネマ日記

砂と霧の家

 「この場合、善意の第三者には罪は無く、しかし返済はしなければならないのか?」などと法律問題に悩まされ、「ザ・ジャッジ」「生活笑百科」などの法律番組を思い出してしまう。そう言えば「行列のできる法律相談所」では紳介が降板したのかな・・・紳介と言えば暴力問題
  1. 2005/07/19(火) 20:31:25 |
  2. ネタバレ映画館

ーえ

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。