越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガタカ

原題 「Gattaca」(1997年アメリカ)
主演:イーサン・ホーク



人間の寿命や将来の可能性を遺伝子情報によって測ることで、生まれたときから適正者と不適正者とに区別し、それによってその人間の生き方が決められてしまう近未来の世界・・・の話。

不適正者として生まれた主人公が、適正者に成りすまして宇宙飛行士となり、他人に決められた自分の可能性を破るのに挑む姿を描いた作品。SF的な世界観なんだけど、主題としては青春ドラマって感じ。


この映画は世界観が素晴らしかったと思う。
舞台となるのは遺伝子によってエリートとされた者が集う宇宙センターのガタカという会社。
ガタカや主人公と協力者の暮らす住まい、またはガタカでの人の動きなど、極めて無機質で生活感がない洗練されている感じが極めてSF的である一方で、服装や施設は現代的で現実感を失っていない。むしろ刑事の服装や乗っている車は一昔以上前の雰囲気ですらある。
こういう無機質さと現実感とのバランスもあってか、遺伝子によって差別がされている近未来の世界観が受け入れられやすい。


この映画はSFというよりは、人が自分の可能性に挑むドラマの部分に主題がある。
SF・サスペンスとして物語は進んでいくが、その中で説教くさくなりすぎずにキレイに
「他人に自分の可能性を決めさせない。どんな自分でも強い意志があれば不可能はない」
という熱い、青春っぽいメッセージが伝わる。

イーサン・ホークとジュード・ロウの演技もよかった。


サスペンス要素は結局「え?」って感じでアッサリ終わったのが中途半端ではあるけど、映画の主題と事件は関係ないのであれでもかまわないとは思う。

ラストのジュード・ロウはちょっと不満・・・というか「冒頭のジュード・ロウならわかるけど、、、」って感じ。
ストーリーの中での心境の移り変わりが俺が思っていたのと違ったのか。。。
分かる気もするし「うーん・・・」という気も。


評点 4.0点 。


ストーリーとかはともかく、近未来の洗練された無機質さの描写はなんとなくキューブリックの映画っぽかった。
今回観てわからなかった部分もあると思うので、もう一回観たら感想変わるのかな。。自分でも書いててまとまらないレビューだ・・・orz

まぁでもいい映画だったと思う。うん。


あと

サンダー(?)・バークレー。「24」のジョージ=「T2」のジョンの養父。いい役だった。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 23:59:59|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<jackass the movie | ホーム | エクスカリバー ―聖剣伝説―>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/28-5797d363

ーえ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。