越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドッペルゲンガー

「ドッペルゲンガー」(2002年日本)
主演:役所公司



・・・・・( ゚д゚)ハァ???
こんなクソ映画久々観たわ。Vシネ以下。

ってゆーか意味がわからない。

誰かハイセンスな方なら「こういう意味だったんだよ」と言えるのだろうか。わけわからない。

かつて「Kill Bill」を映画館で観たとき、言いようのない怒りが込み上げてきたものだったが、この「ドッペルゲンガー」もあれとは違うが、とにかくあまりのつまらなさにひたすら不快だ。


評点 0.5点 。

しょぼい映画ってだけなら、1点でもつこうもんだが、観終わってこんなに不快なんじゃ点数のつけようがない。








-2時間後追記-


あとで調べてみたら「ブラックコメディ」「人間ドラマ」などなどの単語が監督や俳優陣から出ている。監督曰く「ホラーだと思って観た方は肩透かし食ったかもしれませんね」だとさ。いやいや、、コメディとして楽しもうとしても面白くないし。人間ドラマって言われてもこれじゃ何も伝わらないんじゃないのかぁ?

ほかの人のレビュー見たりしたけど、「黒沢清監督にしてやられた!お見事!」みたいなこと書いてるひとが結構いる。どうやら人によってはこの映画は面白いらしいのだが・・・理解できん!どうやら根本からセンスがそういう人たちとはズレてるみたいだな俺。。。








-翌日追記-


とりあえずドッペルゲンガーを殺したり、君島と戦ったりするなかで「本当の早崎」が統合され完成されていく過程を描いてるってこと?君島もドッペルなんじゃないかとも思えるし、物理的にドッペル復活してるとしか思えないところとかあるし、最後のほうは夢をみているよう。論理的には破綻してるんだけどそれはスルーなとことかが。


う~ん・・・一晩たってウンウン唸って継ぎ足し書いたけど・・・
やっぱりダメだ!俺にはこの無秩序さは俺には不快でしかないわやっぱ。

監督の言いたいことややりたいことがなんとなくわかっても、映画通のひとが「素晴らしい作品だ!」と絶賛しても、俺の好みやセンスからしたらやっぱり無秩序で不快な作品なんだからどうしようもないんだと割り切ることにした。


この映画いいと思ったひとすいません。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/13(金) 23:59:59|
  2. 映画 (タ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大怪獣東京に現わる | ホーム | エボリューション>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/42-925caae7

ーえ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。