越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スパイダーマン2

原題 「The Spider-man 2」 (2004年アメリカ)
主演:トビー・マグワイア



「スパイダーマン2」・・・無論「スパイダーマン」の続編ですね。


前作は何とも煮え切らないラストで終わった作品。

で、今回も主人公がカナーリ思い悩みまくってかなり前半はフラストレーションが溜まります。本作の2時間のストーリーのうち1時間15分まではとにかく煮え切らない展開。
でもそこはさすがハリウッド映画、アメリカ人が作った映画。後半は今まで溜まりに溜まってきたフラストレーションを解放するかのように勇ましいヒーロー復活&正体バレで非常に晴れやかな展開に。別に敵を倒すとかはもうどうでもよく、「ようやく正体バラしたか・・・ホッ」的な満足感が得られます。

ただエンディングはベタ過ぎて俺的にはイマイチ。
「花婿かわいそうだからちゃんと結婚しろ!」と説教してやりたいですわ。


んで俺的評点は 4.0点 ですね。

前作とかなりちゃんとリンクしてるので前作観てた分結構楽しめたけど、前半のイライラがやや長かったってのはあるかも。エンディングもなんだし。
でも、前作から続いた煮え切らない感がようやくスカッとした部分もあったし、パート3作る気満々なとことかもよしということで高めの点数。


ちなみに最後のスタッフロールの中でキャストのひとりに
トム(だったかな?)・ライミなる名前を発見。この映画の監督はサム・ライミ。
映画監督ってちょい役で必ずと言っていいほど身内を出したがるよね。
ぱっと思いつくだけでも「ヴァン ヘルシング」でも監督の子供か孫と思われる名前が吸血鬼ベビー(CG)の役のところにあったり(モーションキャプチャーか顔のモーフィングとかしたんだろうけど結構バンバン殺されていくザコキャラだけに監督のその子供らに対する愛情がカナーリ疑われる)、「ステイン アライブ」で監督のシルベスター・スタローン(ちゃっかり自分も出てる)がナントカ・スタローンっていうこれまた身内と思われるショボ役者を出演させたりとか。。
こういうのが大抵の映画にはあるので、スタッフロール見るのが俺的にはひそかな楽しみだったりします。



最後に。

この映画のヒロイン・・・

・・・・・・・かわいくなくないか・・・?

アメリカ人ウケする顔なのか・・・

俺から見ると


こいつが誰より悪人っぽいツラしているのだが・・・?
スポンサーサイト
  1. 2005/04/28(木) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キング・アーサー | ホーム | 青い珊瑚礁>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/53-5d2330f3

ーえ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。