越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カジュアリティーズ

原題 「Casualties of War」(1989年アメリカ)
主演:マイケル・J・フォックス



テレ東の午後のロードショーにて。


実際にあった事件を題材にしたらしいベトナム戦争ものの映画。


「みんな戦場に来て自分もいつ死ぬかわからない。だから『どうでもいい、何してもいい』と思ってる」
っていうセリフが出てくるけど、戦場の中ではホントにそうなってしまうんじゃないかと思わされる話。

極めてひどい話で不快な出来事を題材にした映画なんだけど、こういうことって実際結構あったんじゃないかとリアルに思われる。

戦争の愚かさというかむごさ特に少女が殺されるシーンのむごさには嫌な気分にさせられる。


ただ戦場なのに妙に汚れていない顔した小男のマイケル・J・フォックスが主人公なせいなのか、戦場での狂気が(変な話だけど)「あぁこういうことあったろうな・・・」っていうしっくりきすぎるせいなのか、鬼気迫るような迫力や雰囲気がある映画ではなかったように思う。。

事件の顛末の描写がほとんどで、何か心に残るというようなものでもないし、考えさせられるというものでもなかったからなぁ。。


ラストもやや中途半端な感じ。。
一瞬「よもや夢オチでわ・・・!?」と本気で疑ってしまった。
まぁ実話を元にしてるんだからあれ以上はストーリー的には展開しないんだろうが・・・それでも終わり方はちょっと・・・


評点 2.5点 。


微妙。


昼間のテレ東で観たからこんなもんだろうと思えるけど。。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/09(火) 16:42:32|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mr. インクレディブル | ホーム | 6デイズ7ナイツ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/65-3b497083

ーえ

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。