越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

隠し剣 鬼の爪

「隠し剣 鬼の爪」(2004年日本)
主演:永瀬正敏




「たそがれ清兵衛」と同じく、藤沢周平原作・山田洋次監督の時代劇。


まぁ時代劇っていうと水戸黄門とか暴れん坊将軍とかのイメージがあるからどうもしっくりこないんだけど。。


とにかく原作、監督はじめスタッフが同じなのもそうだけど同じ出演者も結構居て、役どころまで似ていたので下手すると間違えかねないw


話としても、実直ゆえに不器用な田舎侍の愛と誰かを討つ任を帯びて斬りあうことになるというのとを軸にした流れはかなり似通っている。



まぁ似てるとかどうとかはともかく、この映画自体の感想。


正直になかなかいい映画だったように思う。


英雄的人物が主人公というわけでもなく、時代の激流を特に描いたものでもない。剣は立つとはいっても、基本的にはただの田舎の下級役人が主人公。

だからこそなのか、時代劇であっても現代劇のようにリアルに心情を重ねることができる。
いや、むしろ江戸時代の田舎を舞台にしていることでより素朴に、人間の温かさみたいなものが伝わってくるのかもしれない。

ところどころにちりばめられた田舎侍たちののどかな様子ややりとりのおかしさは適度に和ませてくれるし、映像的にも田舎の自然が時に美しく、時に温かく描かれて、それが主人公の素朴さ、温かさを引き立たせている。

永瀬と松たか子の演技もよくて、二人の想いが伝わってきてなかなかに素敵だった。

剣術や斬りあいがメインではなく、すごく温かくて素朴な人間ドラマであって、観た後で晴れやかな気持ちになれる。そんな映画。



評点 4.0点 。



「人の温かみが・・・」なんてずっと言ってるけど、タイトルにもなってる

 隠 し 剣  鬼 の 爪 

かっこよかった!すごい技!

ここばかりは「必殺!」って感じで、劇中の伏線や表題の意味が氷解するのと同時に、単純に「かっこいい!」って思える瞬間だった。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/10(水) 23:13:47|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<ナッティ・プロフェッサー / クランプ教授の場合 | ホーム | Mr. インクレディブル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/67-92f55905

隠し剣 鬼の爪

洋画もいいけど邦画もね♪ってことで、こちら名匠・山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』に続く時代劇でございます。永瀬正敏と松たか子が出演というのも気になるところ。題名にもある“隠し剣 鬼の爪”というのはいったいどんなすごい秘技なのかしら?と、殺陣シーンにドキ
  1. 2005/09/07(水) 03:51:55 |
  2. ミカミカノハナ

ーえ

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。