越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エグゼクティブ デシジョン

原題 「Executive Decision」(1996年アメリカ)
主演:カート・ラッセル




日曜洋画劇場にて。


アメリカに向かう旅客機がテロリストに占拠された。そしてワシントンを目指すその機内にはテロリストによって持ち込まれた、アメリカ東海岸を壊滅させられるほどの量の毒ガスと爆弾が!
アメリカへの攻撃を阻止すべく、最新の技術で飛行中の旅客機内に侵入した主人公のグラント博士と対テロ特殊部隊だったが、乗り移る際のアクシデントで輸送機は大破、無線機も失い、部隊は孤立し、潜入の成功を政府に知らせることができなくなってしまう。
潜入の成功の見込みが薄い中、大統領は「旅客機がアメリカ領空に入れば旅客機を撃墜すべし」との命令を海軍に通達。
撃墜までのタイムリミットが迫るなか、博士達は無事爆弾を止め、テロリストを制圧することができるのか!?

という話。


何度かテレビとかで放送されたことあったと思うけど、その度に微妙に敬遠していた映画。


・・・だけど正直意外なほど面白かった。


輸送機の墜落、孤立した部隊での潜入作戦と味方からの撃墜が迫っていく緊迫感、爆弾の存在、そして爆弾のリモコンを握った目に見えない「スリーパー」の存在・・・と緊張感のある展開が続いていくので最後まで飽きずに観ていられる。


しかし爆弾の存在も定かでない状況で民間の旅客機を撃墜命令とは・・・無理じゃねぇのか?
撃墜する前にもっと色々ベスト尽くすべきだろうに。。
あ~でもアメリカなら実際撃墜命令出してもおかしくないな、やっぱり・・・w


最初丸いメガネで登場し、まるっきり「学者役」のようだったカート・ラッセルが飛行機に入ったら普通に特殊部隊のなかでリーダーシップを取り、アクションをこなして、しまいにはジャンボ機の操縦までし始めるという万能っぷりを発揮したのは正直やりすぎな気もするが・・・w



でもこの映画最大の衝撃はストーリーとかカート・ラッセルのアクションとかで
は決してない。


セガール。その一言に尽きる。


テレビの予告では「カート・ラッセル、スティーブン・セガールの2大アクションスターが競演!!」って大々的に言っていたわけだが・・・


セガール隊長、開始30分、輸送機から旅客機に乗り移る途中で憤死


えぇーーーーーーーーー!!!??


早すぎ!

「でもまぁこの調子なら実は生きてて、最後の最後復活して活躍するにちがいない・・・!いつになったらセガールは復活するのかな?ドキドキ・・・」

なんて思ってるうちにエンディング。ホントにいきなり死ぬ役でやんの。


アンタまだ偉そうに颯爽と部隊を率いて輸送機乗っただけですよ?まだホントに何一つアクションしてないんだよ?
しかもセガールが死んだあと、マジで誰一人としてセガールのことに触れなかったし。。
完全に最初から居なかった人扱い。


それでいいのかセガール・・・


ビデオのパッケージにカート・ラッセルと並んで2人デカデカと載っている顔写真が哀し過ぎる・・・



評点 4.5点 。


テレビであまり期待せずに観たが、明らかに期待以上だった。
緊迫感のある展開がテンポよく続き、この手のアクション映画としては文句なしに面白かった。
それだけでも4点だけど、セガールに乾杯ということで0.5点プラス。




いきなり頚椎痛めた特殊部隊の黒人。あれどっかで見た顔なんだよな~・・・
「T2」で爆死した奴かなぁ?うーむ・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/08/28(日) 23:59:59|
  2. 映画 (ア行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グーニーズ | ホーム | 猫の恩返し>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/73-0f05502a

ーえ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。