越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コンスタンティン

原題 「CONSTANTINE」(2005年アメリカ)
主演:キアヌ・リーブス




これもアメコミからの映画化。


天国と地獄の間の地上で、均衡を破る悪魔を退治する男が主人公。多分そんな話。
実際、作ってるほうもまずコミックでおなじみということで暗黙のキャラ設定がなされているため、映画の中でのイントロダクションが少ないのでそこらへんはちょっとわかりにくい。まぁだからって説明臭くしちゃったら映画の雰囲気台無しだけど・・・w


なんでコンスタンティンが地獄のドラフト1位みたいな感じになってんのかとかなんでサタンがひょいと出てくるのがわかるのかとかわかんないことだらけだ。。

話的にも天国と地獄の争いということでもっとスケールが大きくてもいい感じなのにロケーション的にも登場人物のバラエティにしてもずいぶんとこじんまりしててアッサリ進行していってしまう。言葉にすると壮大な感じだけど、この映画には壮大な感じはない。


でも世界観的にはそんなに悪くないし、続き物の1作目として観たら、適度に謎めいててちょうどいいくらいかもしれない。・・・続編があるかは謎だけど。。

主人公のキャラクターは今ひとつな感じだけど、ところどころのセリフや仕草は結構いい。「Welcome to my life.」なんかはお気に入り。

サブキャラのキャラクターはなかなか面白い。サタンやガブリエルなんかのキャラクターはいい味出しててよかったと思う。



評点 3.5点 。


キャラ設定の説明不足はしょうがないとしても、主人公の戦うシーンの少なさやストーリーのわけわかんなさとスケールの小ささ、盛り上がりの無さは問題。レイチェル・ワイズの役どころが意味不明だったのもマイナス。
正直「すごい面白い!!」とは言いがたい・・・


まぁでも上にも書いたけど、続編があるならこれでもいいんじゃないかなと思える。そんな感じの映画。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/30(金) 05:59:59|
  2. 映画 (カ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12人の怒れる男 | ホーム | オーシャンズ12>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/86-1d55f4d9

ーえ

06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。