越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SHALL WE DANCE

原題 「SHALL WE DANCE」(2004年アメリカ)
主演:リチャード・ギア




ご存知周防正行監督の日本映画「Shall We ダンス?」のハリウッド版リメイク。

主演の役所公司→リチャード・ギアはいかにもな配役。
ヒロインは草刈満代→ジェニファー・ロペスということで雰囲気はかなりラテン系な雰囲気に変わっている。
趣味の問題なのか、ジェニファー・ロペスに合わせたためかは分からないけど、ラストシーンも含め、ラテン系のダンスがオリジナル版よりもはるかに多い。
渡辺えり子の役は「よく見つけてきたな~!」っていうくらい渡辺えり子声の人。名前はわかんないけど。

ストーリーはオリジナルとほとんど変わらないし、配役もうまい具合にキャラが合ってたと思う。


違いを感じた点として、映画全体としてハリウッド版のほうがやはり人物の心情や関係をよりわかりやすく描いているという印象を受けた。


話の流れや個別のシーンは同じなんだけど、ハリウッド版は主人公夫婦の愛情についてよりフィーチャーしている。
まぁオリジナルのほうはやや曖昧というか、あまりストレートに夫婦が愛を語るとことかはないので、これは当然かもしれない。

妻役のスーザン・サランドンがオバサンがいい感じでアメリカ版のアプローチもとてもいい感じだと思った。

まぁ夫婦や家庭の雰囲気とかはそもそもお国柄で大分違うってのはあるけど、クライマックスの夫婦のダンスシーンがとても素敵。リチャード・ギアはむしろこれでエンディングじゃないかってくらいかっこいい登場の仕方だし。
あのシーンはよかったな。うん。


ハリウッド版ではヅラの人が弁護士だったり、主人公のリチャード・ギア自身も金持ちだし洗練された印象を与えられるため、オリジナルと比べると「平凡な中年」って感じはしない。
俺としては、オリジナルの設定のほうが感覚的に主人公の倦みにリアリティを感じやすい気はするし、主人公がヒロイン(先生)にダンスを始めた理由と続けた理由を語るシーンは役所公司のほうがよかったとは思う。

・・・だからといってハリウッド版のほうが悪いわけでもないし、まぁそこはどうでもいいか。。


劇中でゲイ云々の話が出てきたが、そこは日本版にはない視点だったなと思った。



評点 4.5点 。


ラストシーンはオリジナルとハリウッド版で結構違っていたが、そこはどっちがいいかはどちらとも言えない。

俺は日本版の、Shall We Dance~♪に乗せて踊るシーンで終わるのが好きだったので、ラストダンスのあとのワイワイしたノリやエンドロールがアップテンポのラテンっぽい音楽で終わるとことかはあんまり・・・でもハリウッド版の方がわかりやすいし楽しいラストだったような気もする。。

やっぱどちらとも言えないな。


ま、とにかく面白かった。やはり観終わったあとは楽しい気分になれるいい映画だと思う。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/19(水) 23:59:59|
  2. 映画 (サ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フィールド オブ ドリームス | ホーム | レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/90-4aef40b4

ーえ

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。