越権ダマシイ!

心の狭~い男による映画の感想。ネタバレをあんまり恐れてません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ローレライ

ローレライ」(2005年日本)
主演:役所公司




「亡国のイージス」の福井晴敏原作の潜水艦モノの映画。制作はフジテレビと東宝で、もともと映画化する前提で福井氏に書き下ろしてもらったものらしい。


感想としては、全体として悪くなかったというところかな。

日本映画の戦争のアクションとしては映像的な迫力もあって頑張って作ってあったと思うし、エンターテイメントとしてもドラマとしてもちゃんと成立してるように思う。

まぁCGの技術的なものは完璧とは言いがたいけど(特に最初はかなり違和感)、制作費の問題があるしね・・・w


設定としてちょっとツッコミ入れたいところもいくつか。
潜水艦が妙に広いとことか・・・最後潜水艦の砲で対空攻撃して撃墜しちゃってるとことか・・・エスパーだなんて何でもアリかよ!とか・・・隠密行動中にでかい声で歌うなよ(キャッチされてるし・・・w)とか・・・etc.

クーデターの意味もイマイチわからず・・・


粗探しは結構できてしまうけど・・・生きることをあきらめない力強さがかっこよかったり、といいところもあるので。



評点 3.5点 。


最後浮上したときの役所公司がカッコよかった。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/13(日) 23:59:59|
  2. 映画 (ラ行)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パルプ・フィクション | ホーム | カンパニーマン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://okamisan.blog16.fc2.com/tb.php/97-a84a20ef

ーえ

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。